睡眠についてアンケート。自分は睡眠不足かどうか、なぜ睡眠不足なのか、どうすれば解消できるのか?

最近、自分が睡眠不足だと感じている人が多いようです。

そこで今回は自分は睡眠不足なのか、どうして睡眠不足なのか、どうしたら睡眠不足が解消できるのかについてアンケートをとってみましたので、その結果をシェアしたいと思います。

睡眠について、自分は睡眠不足かどうか、なぜ睡眠不足なのか、どうすれば解消できるのか

アンケート回答1

現在66歳で夜勤の仕事をしています。

仕事場で仮眠をとりますが、時間的には6時間以上の仮眠時間があります。

ただ仕事場での睡眠と、自宅での睡眠は質が異なります。

仕事場ならいつ緊急事態で起こされることになるかわかりません。

もちろんそのような事は年に一度有るか無いかですが、やはり完全にリラックスした睡眠というわけにはいきません。

休日に自宅で睡眠をとりますが、昔からの癖ですが、休日になると早く起きてしまいます。

前の晩の11時頃に寝るのですが、翌朝の7時には目が覚めてしまいます。

8時間寝ているようですが、平日の睡眠不足感を補うには9時間でも10時間でも寝ていたいぐらいです。

この睡眠不足は現在の環境では改善できそうにありません。

と言うのも我が家では小鳥を飼っています。

その鳥が7時になると目覚めて、ピーピーと鳴き始めるのです。

これが自然の目覚ましとなって、人間どもも起きてしまうのです。

これが日常のことなので、自宅で寝ている間はきっちり7時に起こされるわけです。

前の晩に早く寝ればいいのですが、そんなに早く寝ることもできません。

そこで考えられるのはホテルなどの環境の異なるところで睡眠をとるということです。

これなら何の邪魔もなく寝られるのではないかと思います。よほどの睡眠不足を感じたらホテルで一泊してみようと思います。

アンケート回答2

常に自分は睡眠不足だと思います。

その要因としては、いつも目の前の誘惑に負けてしまうからだと考えられます。

テレビで面白そうな番組をやっていれば睡眠よりもそちらを優先させてしまいますし、友達と話していれば友達とのガールズトークが最優先です。

インターネットで調べものをしていたら、そちらを途中で切り上げたりはしませんし、推理小説を読めばラストの謎解きのページまで一気に読んでしまいます。

もちろん、睡眠が大事だということには気付いています。

しかし、目の前に魅力的な案件があれば、私はそちらを選んでしまうのです。

言い換えれば、私にとって睡眠はそこまで優先順位が高い行為ではないというわけです。

優先順位を変えることは、簡単なことではありません。

唯一の打開策としては、睡眠前は出来るだけ脳に刺激を与えないことが考えられます。

睡眠の妨げになるものから事前に身を守るのです。

睡眠は生活を送る上でとても重要な活動です。

時間をうまく調整し、今後はより良い睡眠ライフを送りたいものです。

アンケート回答3

私は今まで、睡眠はで悩んだことはありませんでした。

しかし結婚して生活スタイルが変わり毎日コーヒーを飲むようになりったせいか寝付けが悪くなったような気がします。

そして、結婚するまで一人暮らしでシングルベットを壁側に寄せて眠っていました。

しかし今はダブルベットを部屋の真ん中に置いて眠っています。

壁がないせいかなんとなく落ちるんではないかと思い落ち着かないのと誰かと一緒に眠るということに慣れてないせいか自分が寝返りをうつたびに旦那を起こすのではないか、布団を独り占めしてないかとか気になってしまいます。

そんなことが気になりつつも寝返りした時に旦那に当たるのが嫌です。

一人で眠りたいなぁと思うことがしばしばあります。

解決策としては、寝室にシングルベットを2つ並べて置くのがいいんじゃないかと思ってます。

ちなみに私のほうは壁側に寄せて。

旦那に言うのは少し気が引ける思いですが睡眠は大事なで意を決しまずは相談してみようと思います。

アンケート回答4

自分の場合、睡眠の質が悪いので睡眠不足だと思います。

睡眠30分前はスムーズに睡眠に導入できるよう、部屋を暗くして過ごすのが良いと言われていますが、そういったことがなかなか習慣つけることができません。

また、ベットに入ってから、すぐに寝付けないので、スマートフォンでネットサーフィンや動画を見たりしてしまいます。

このように小さな画面でも光を浴びることによって目が冴えてしまいます。

結果的になかなか寝付けないということが多々あります。

加えて私の場合、慢性的な鼻炎なので鼻をかむために何度も起きたり、鼻詰まりによって呼吸しづらく、花粉症の時期だけではなく、一年中睡眠が浅い傾向があります。

朝起きてもよく眠れたなと思えることがほぼ皆無ですし、疲れも取れた感じがしません。

一番の理想はは、疲れ果ててすぐスマートフォンも弄らず寝ることです。

そのためには夜寝る前に筋肉トレーニングやランニングなど少し運動して疲れてから眠るのが私の理想です。

アンケート回答5

普段は睡眠時間は5、6時間と長くはありませんが、よく眠れていて、日中眠くなることもほとんどありません。

でも仕事でストレスを感じている時は、寝付きが悪かったり眠りが浅くて夜中に起きてしまい、睡眠不足に陥ることがあります。

仕事のストレスと言っも色々ありますが、仕事が立て込んできてそれぞれの納期が迫ってきていたり、たくさんの人に連絡をとって調整するなどの仕事が上手くいっていないと眠れなくなります。

単に疲れたとか上司に嫌なことを言われたなどで眠れなくなることはありません。

対策としては、無理に寝ようとしないことを心がけました。でもスマホやパソコンはやらないようにしました。

読書をしてみましたが、好きなのでつい集中してしまいかえって眠れず朝を迎えることが多かったです。

5分で眠れるというヒーリング音楽を聴いてみましたが、あまり効果は感じられませんでした。

YouTubeで聴いていたので、1時間くらいすると突然広告が入るので困りました。

一番よかったのは大人の塗り絵です。

好きな絵柄を好きに塗っていると心が落ち着くようでした。

読書のように集中しすぎることもなく、なんとなくスッキリした気持ちで眠りにつくことができています。

ストレスを溜めないことが1番だとは思うのですが、今のところ塗り絵で睡眠不足は解消されています。

アンケート回答6

睡眠不足かは自分にしか分かりません。

睡眠不足でもない時が存在します。

プライベートが充実してる人は睡眠不足をあまり感じません。

プライベートが充実していない人は睡眠不足を感じてしまいます。

プライベートを充実させてくれない人が側にいるから睡眠不足の感じが起こります。

疲れや気を使ったりで見えない所でストレスがたまっているから睡眠不足に感じます。

疲れや気を使ったりがなかったら同じ睡眠時間でも睡眠不足にはなりません、ストレスが要因にありますから安眠を出来る方法はいくつかありますが、今日合った嫌な出来事を全て忘れてみると安眠出来ます。

寝ている最中にストレスを感じてます嫌な事気を使った事を思い出していますから脳の話しになりますが、アロマ(匂い)音楽や入浴で心身ともにリラックス状態にしてから睡眠にはいる事をおすすめします。

睡眠不足かどうかはストレスを抱えたままだと安眠出来ませんから、以上の事をしたり自分が好きな事をしたりで安眠出来ると思います。

アンケート回答7

自分は睡眠自体はしっかり取れていますが、夜なかなか寝付かないです。

学校が午後からなのでお昼ぐらいまで寝てしまったりして、深夜3時ぐらいに寝るのが習慣になってしまって寝たくても寝れない状態になってしまっています。

また、一日に8時間程睡眠を取っていますが学校が終わって帰ってくると眠くなってしまって少し寝てしまいます。

そうするとさらに夜寝れなくなってしまいます。

自分は普段から寝ることが好きで休みの日はずっと寝たりしているのが原因と思い、解決しようと努力しています。

現在行っている方法としては夕方眠くなっても寝ないように我慢したり、なるべく朝早めに起きるように努力しています。

また自分は寝る際に音楽を流したりドラマを見ながら寝てしまうことが多いので枕元にドラマを少音で流したまま寝たり、音楽を流しながら寝るようにしています。

どうしても寝れないときは市販の眠りやすくしてくれるドリンクを飲んだりしてなるべく早寝早起きの習慣をつけるようにしています。

 

スポンサーリンク

睡眠について、アンケート結果まとめ

自分が睡眠不足だと感じている人は多いようですね。

しっかり睡眠時間をとっていても、睡眠の質が悪かったり、仕事でのストレスを抱えたりしていると睡眠不足を感じるという意見が多くありました。

睡眠には、時間だけでなく環境も整えることが大切になってきますね。

スポンサーリンク