グッドナイト27000はうつ病に効かない?成分をチェックしてみた

うつ病には様々な原因が考えられていますが、原因の一つとして、不眠が上げられていることをご存知でしょうか。

夜中になかなか寝付けないことで、不安な気持ちになったり、体内リズムが崩れてしまうことで自律神経が不安定になり、結果としてうつ病につながっていくということです。

では、睡眠の質を上げるサプリメント『グッドナイト27000』はうつ病に効果があるのでしょうか?

グッドナイト27000はうつ病に効かない?

「不眠症」や「うつ症状」には、「セロトニン」と言われる脳内物質が非常に関連性しています。

セロトニンは、落ち着きで幸福な感情を発生させ、こころの状態を健康的なバランス状態にキープする役割をしている脳内物質です。

近年では「幸せホルモン」という風にもよばれ、現代社会においても一般に認識されてきているようですよね。

セロトニンは、うつ病や不安障害、パニック障害を招く原因にも非常に関連している、「こころの状態」にとって、非常に重い役割の脳内物質と言えます。

グッドナイト27000はセロトニンの原料となっているトリプトファンが含まれているため、摂取することによって体内でセロトニンを生成し、更にトリプトファンはセロトニンを経由してメラトニンという睡眠ホルモンに変化するため、十分な睡眠をとることができるようになるのです。

 

スポンサーリンク

グッドナイト27000の成分から見たうつ病への効果は

グッドナイト27000に含まれている成分を確認してみましょう。

セロトニンの主成分でもあるトリプトファンが含まれていることはすでに紹介しましたが、グッドナイト27000にはトリプトファン以外にも睡眠の質を高めてくれる成分が豊富に含まれているのです。

心安らぐ成分

L-テアニン

お茶に入っている成分です。

快適な寝付きやリフレッシュを手助けしてくれることになります。

そのため、睡眠の質が高くなったと感じ取れるのです。

疲労回復効果のある成分

グリシン

牛スジ・豚足のコラーゲンに入っている成分。

休息健康補助食品にとってはなくてはならない成分です。

GABA

身体の中にとてもたくさん存在している成分ではありますが、時間が無い人になればなるほど欠乏しています。

ストレス社会に打ち勝つ為にも欠かせない成分となります。

ラフマ

ノンカフェインであるため夜間ハーブティーとして飲用されている。

カモミール

女性の人に定評のあるハーブティーとして高い人気を誇っています。

気持ちを穏やかにしてくれる効果が期待できます。

 

これらの成分が豊富に含まれているグッドナイト27000を、1日3粒継続して飲み続けていくことで、良質な睡眠をとることができ、結果としてうつ病の症状も良くなってくると考えられます。

休息サプリはクスリのように即効性があるものではないので、すぐにやめないで計画的に飲んでいくことが大切です。

>>グッドナイト27000の詳しい内容はこちらから

スポンサーリンク