睡眠不足が仕事に与える影響は?睡眠不足解消法も紹介

睡眠の専門家たちは、成人した人間は一日に6時間から8時間の睡眠を推奨しています。

これは睡眠が人間の生きるうえで重要な役割を果たしているからです。しかし生活が忙しくなってくると、睡眠時間を削って作業をするという人が非常に多いですね。

国内で見ても、総務省の発表によると5人に1人が睡眠に対しての何らかの不安を覚えているということです。

睡眠不足が仕事に与える影響とは

睡眠不足に陥ると、どのような症状が現れてくるのでしょうか?

少しの睡眠不足であれば、ちょっと頑張ればなんとかなるかもしれません。しかし、長期的な睡眠不足の場合、健康に取り返しのつかない悪影響を及ぼす事が想定されます。

睡眠不足が仕事に与える悪影響としては、最も大事な能力である「インスピレーション」と「クリエティビティー」を大幅に低くすることが考えられます。

インスピレーションやクリエイティビティーは、スティーブジョブスなどの有名な経営者たちも重要視している要素であり、これらが低下するということは仕事の能率も低下するということになるでしょう。

睡眠時間が不足すると、明らかにパフォーマンスが低下してしまうため、睡眠時間を削って仕事することは逆効果であるということです。

睡眠不足で仕事中にぼーっとしていたり、居眠りしたりしていたら無意味ですからね。

では睡眠不足を解消するにはどうすればよいでしょうか

スポンサーリンク

睡眠不足を解消する方法は?

睡眠時間を十分にとれと言われても、「はい、分かりました。たくさん寝ます」といって、十分に睡眠時間を取れるという人はそれほど多くはないでしょう。

なので、ここでは比較的簡単に睡眠不足を解消できる方法をご紹介します。

短時間の昼寝

昼休みや休憩時間などに15~20分の昼寝をすると、眠気を解消することができ、さらに集中力や記憶力を高めることができます。

最低でも30分以内に起きるようにしましょう。それ以上寝てしまうと熟睡状態に入ってしまい、起きたときにスッキリしなくなってしまいます。

この仮眠方法は「パワーナップ」と言われ、この言葉を生み出したと言われているイギリスの元首相ウィンストン・チャーチルによれば、「昼寝をすることで1日が2日分、少なくとも1日半分になる」とのことです。

ストレッチをしてから寝る

 

寝る前にストレッチをしてからだをほぐすことによって深い眠りにつくことができます。

特に首こりや肩こりがある人には効果があるでしょう。ストレッチすることによってリラックス効果が得られ、深い眠りにつくことができるようになるのです。

安眠枕やアロマを使用してリラックスするのも良いでしょう。

また、寝起きにストレッチをすることで脳と体を目覚めさせ、脳に酸素を送ることによってパフォーマンスアップに繋げることもできます。

 

寝る前のスマホをやめる

スマートフォンの画面から発せられるブルーライトが睡眠に悪影響をおよぼすと言われています。

>>体内時計に影響する「ブルーライト」(OMRON)

それにスマホを見たりしていると、リラックスすることができませんね。

なので寝る前は何もしないで寝る準備をすることが大切だということです。

 

スポンサーリンク

睡眠不足が仕事に与える影響のまとめ

睡眠不足は仕事をする上でパフォーマンス低下につながるのでぜひとも解消したいですね。

解消するためには十分な睡眠時間をとることですが、それができない場合は昼寝をしたり、睡眠の質を高めることによって日中のパフォーマンスを少しでも高めるように工夫するのが良いでしょう。

睡眠の質を高める方法として、みなさんが実践していることについてのアンケートをとっていますので、参考にしてみてください

睡眠の質を上げる方法はグッズがなくてもできる?アンケートを参考にしてみよう

2017.12.31

睡眠の質を上げる方法にグッズは必要?アンケート結果

2017.12.30

睡眠の質を上げる方法としてやっていることを紹介

2017.12.26

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です