安眠枕ランキング3選!男性へのプレゼントにも!素材や選び方も紹介

睡眠の質の向上が注目をある目ている近頃では、安眠枕の人気もあがってきていますね。

首に負担をかけないように開発されていたり、肩こりの解消につながったりとたくさんの効能効果を有する安眠枕ではありますが、実際にお店で試してみる時と違いインターネット経由での通信販売のケースでは、どのようにして理想的な枕を選んだら一番なのか悩んでしまいうのではないでしょうか…。

そうならないためにここでは安眠枕の選択方法のポイントとなるところの説明と、おすすめできる安眠枕をランキング方式で見ていただきます!

プレゼントのひとつとしてもきっと喜ばれるとおもいますよ♪

安眠枕の選び方は?

睡眠時間は人それぞれですが、一日24時間のうちの大体3分の1の時間を占めていますよね。

睡眠時間をしっかりとることは健康にもつながることですが、たくさん眠ればいいというわけではなく、睡眠の質を高めることが大切になっています。

では睡眠の質を高めにはどうすればよいのでしょうか。

睡眠に直結する寝具がやはり重要になってきます。

寝具の中でも特に枕が重要な役割を果たしているのはいうまでもありませんね。

枕が変わると眠れないという人がいるくらいですし、実際にあっていない枕で眠ると眠りが浅くなって熟睡できずに疲れがとれなかったり、肩が凝ったり頭痛の原因となったりもします。

自分にあった枕を選べるように、枕の選び方について解説していきたいと思います。

1. 大きさ

枕の大きさについては、使用している布団やマットレス等の大きさにもよって変わってくるとは思いますが、体の大きさや好みもありますから人それぞれで別れてくるところでもあります。

基本的な大きさは「43×63センチ」です。

人間の肩幅とほぼ同じくらいの横幅で、市販されている枕カバーもこのサイズの品揃えが中心となっているところが多いです。

いろいろな枕カバーを選びたいという人におすすめのサイズですね。

少し大きいサイズで、ホテル等で使用されているのが「50×70センチ」の枕です。

それよりも少し大きいので「60×75センチ」というサイズもあります。

大きい枕の場合、寝返りがうちやすいという長所があります。

さらに横幅が大きい「43×120センチ」というサイズもありますが、これは二人用の枕となります。寝返りが多いという人はこのサイズを選ぶという人もいるようですね。

小さめのサイズとなると「35×55センチ」、子供用のサイズで「29×40センチ」などがあり、ベビーサイズの「35×50センチ」「43~50×90センチ」「50×130センチ」などが売られています。

あまり売っていないサイズの枕を購入すると、それにあった枕カバーがなかなか売っていないということになりますので、注意しておきましょう。

 

2. 素材

寝心地に影響を与える重要度の高いものが、枕の中身の素材になってきますね。

様々な素材があり、それぞれ特徴があるのでしっかりと選ぶ必要があります。

フィット感の違いやお手入れ方法などを十分に考慮するのが良いでしょう。

ココではよく枕に使われている代表的な素材について紹介していきます

寝心地を決める上で最も重要なのが枕の中の素材です。

どの素材を選ぶかによってフィット感などが全く違ってくるからです。

また日頃のお手入れなども変わってきますので、毎日使うものである、という点をよく考えて、使い心地とお手入れの簡便さなども選ぶポイントです。

色々な素材があるのですが、その中でも代表的な素材をご紹介します。

「そばがら」は汗をたくさんかく人におすすめ

枕といえば「そばがら」を思い浮かべる人は多いかもしれませんね。

まず日本の枕と言えば真っ先に思いつくもののひとつがこの「そばがら」ですよね。

そばがらとはそばの実の殻を乾燥したもので、重たい感じがして、硬めの使用感が得られる素材となっています。

通気性と吸湿性が優秀であり、寝ている間にかいた汗や不必要な湿気を取りのぞいてくれる役割を果たします。

ところが、使用している過程でそばがらが潰れてしまい、粉を吹いてしまうこともあり、天日干しをしないでいると湿気が溜まってしまい、虫が湧いてくることもあります。

そしてそばアレルギーのある人は使用することができないので気をつけましょう。

水洗いはできないので、天日干しをするのが良いです。

使用期間は6ヶ月から12ヶ月くらいなので、寿命は短いですね。

長く使いたいという人におすすめの「パイプ」

ストローを細かくカットした感じの素材であり、パイプにもこのパイプ自身のサイズや安定性にも多種多様な種類が存在しています。

そばがらのように虫が湧いてしまうという心配もなく耐久力も高いので、3年~5年程度と長く使用することができます。

耐久性も良くお手入れ方法についても簡単で、水洗いもできるし、天日干しもできるのですが、一番のマイナスポイントは使い心地が硬めでちょっとゴツゴツした感じがする点です。

寝返りをうつなど、動いたときにパイプが擦れて音が出てしまうということもあるでしょうから、柔らかい枕の方を好む方にとってはあまりおすすめできません。

長く使いたいという方にはおすすめの枕ですね。

「ポリエステルわた」は柔らかくてボリュームがあります

ワタみたいな材質の人工繊維から作られている素材となっています。

柔らかさが優れており、枕として使用するだけでなく、クッションの中身としても使用されている素材です。

クッション性に優れていてふわふわとしている素材であるので、この感触が好きな人にはおすすめです。

価格帯は比較的安く、通気性も良いのですが、使っている途中で弾力がなくなってきてしまうので、耐久年数は1年から3年くらいが目安です。

お手入れ方法につきましては、ものによって水洗いできたりできなかったりするので良く確認してください。

ふんわりと包み込まれるような寝心地が魅力の「羽根」

水鳥の羽を使用しており、保温性や通気性はもちろん、保湿性までも兼ね備えている素材です。

冬には暖かく感じられ、夏には涼しくて気持ちよい使用感が得られます。

寝心地はふんわりとして気持ちが良いのですが、少し値段が高めになっています。

お手入れ方法につきましては、水洗いも天日干しもNGとなっているので、陰干しをするしかありません。

安い羽根の場合だと特徴的な匂いが気にかかるという人も出てくる可能性があります。

使用期間は1~3年程度が目安です。

肩こりなどに悩む人におすすめの「ラテックス」

自然界にあるラテックスの木からゴムの樹液を採取してそれを精製し、混ぜ合わして作成したものをラテックスといいます。

ラテックスの特徴としては、反発性が高く弾力性にも優れているため、頭や首の部分などをちゃんと支えることができます。

通気性もよく、ダニなどの雑菌がつきづらいというのも利点と言えるでしょう。

羽根と同様に水洗いも天日干しもできないようになっているため、陰干しがおすすめです。

もし汚れてしまったら汚れた部分にだけ中性洗剤を溶かしたぬるま湯を使ってもみ洗いしてください。

品質の高い天然のラテックスは耐久力があるので、天然のラテックス100%ならば5年以上使用したとしても型くずれしないと言った点も素晴らしいところです。

頭と首を優しく受け止めて首のこりを緩和 「スノー低反発」

ウレタンを粉々に打ち砕いたもののことをスノー低反発と称します。

ウレタン素材の特徴であるもっちりとした感じをもち、かつ羽毛と同じようなふわふわしている感じがあり、通気性にも優れていることが特徴です。

水洗いや天日干しはできず、寒かったり気温が低かったりすると硬質化してしまうこともあります。

使用期間の目安は枕がクタってきたら交換で、だいたい2~3年で交換になります。

安眠効果や肩こり解消に! 「低反発ウレタン」

柔軟性が素晴らしく、使う人の体型に合わせて形が変わってくるので、見事にフィットしてくれる枕となっています。

体にかかる圧を最適化してくれる効果が見込まれるため、体にかかる負担が緩和されるようになっています。

気温が下がってくると硬質化してしまうことと、暑いときには熱がこもってしまうというマイナス面があり、水洗いも天日干しもできません。

使用期間は6ヶ月~3年ほどと、物によってばらつきがありますが、弾力がなくなったり、黒ずんできたときが交換の時期となります。

独特の手触りが癒される 「ビーズ」

手触りが特徴的で注目されるようになった素材であり、クッションなどの中身にもよく使用されています。

発泡スチロールを細かい粒のようにした形態で、熱がこもりやすいのがデメリットですが、特徴的な触り心地が好きという人であればオススメしても良いでしょう。

陰干し推奨になっていて、水洗いや天日干しは行なえません。

使用期間も1年~5年となりますが、交換の目安が枕の生地か、ビーズの耐久力によっても変わってきます。

 

3. 高さ

枕の高さは素材と同様に必要不可欠な要素となっています。

枕の高さが高すぎると首への負荷が重くなり、首筋に痛みを感じたり、肩こりを発生させる原因となったりします。

逆に低すぎる場合には頭部に血液が集まってしまいなかなか眠れなくなったり、安眠できなくなったりします

枕を使用するにあたり、頭を支えてくれる理想的な角度というものを心得ていなければ、寝るときの姿勢がおかしくなってしまい枕があっていないと感じる可能性が高くなってくるでしょう。

枕によっては、高さ調整機能がついているものもあるのでそういった枕を使用するのも一つの選択肢としてありでしょう。

簡単な測定方法

簡単に自分にあった枕の高さを計測するテクニックをおすすめさせていただきます。

① はじめに、壁に背中とお尻をくっつけて、リラックスした感じで立ちましょう。

② すると、壁と後頭部の間に隙間ができていると思うのですが、そこに手を入れてみます。

③ 手のひらが入れられないか、もしくは手のひら1つ分程度しか入れられない場合には低めの枕がよく、手のひらが2つ分くらい入れられるなら普通の高さの枕がよくて、それ以上入るのであれば高めの枕がちょうどよい高さの基準となるでしょう。

4. 形

枕の形にもいろいろなタイプが存在しています。

通常、市場に出回っているものは中心に向かっていくほどボリュームが出る素材そのものを袋詰にしている種類のものや、真ん中が開いているドーナツタイプのものがあります。

ドーナツタイプのものは、赤ちゃん用の枕などに多く、真ん中の穴の部分に頭がハマる様になっているので安定感があります。

ウェーブ状の枕は、首元をきっちりと支えられるようになっていて、サイドから見ると波のような形になっています。

低反発枕に多く見られる形です。

コの字型になっている枕は、肩までフォローしてくれるものになっています。

形にも様々な種類が存在していますので、自分にあった形を探してください。

 

スポンサーリンク

安眠枕ランキング3選

六角脳枕

六角脳枕が安眠度、素材の人気、口コミなどで 高い評価を得ており、人気の枕となっていますね

安眠できるのは、その形によるところが大きいようです。

枕が凸凹しているため、寝返りをするときにストレスを感じにくく、睡眠の邪魔をしないようになっています。

また、寝返りをうったときに横向きの状態になることがあると思いますが、そのときでもこの凸凹があるために、高さがちょうどいい感じになるのです。

仰向きで寝ていても、横向きで寝ていても、首や肩に負担がかからないように考案された作りになっているのです。

さらに、枕に保冷剤が格納されていて、冷たくて気持ちのいい状態にしてくれるので、他の枕とは違った睡眠を提供してくれるでしょう。

ウレタンでできているのですが、独自に研究を行った結果、気温が低くても硬くならない素材を組み入れることに成功し、一年ずっと変わらない柔らかさをキープすることが可能になっています。

安眠することに対して、ここまで考慮されている枕ですから、口コミ等の評価が高いのも頷けますよね。

六角脳枕は公式サイトで購入すれば、30日間の全額返金保証がついているので、購入する際も気が楽ですよね。

>>六角脳枕は返品できるの?方法やり方は?

スリープドクターズピロー

スリープドクターズピロー

https://shop.ichiban-boshi.comから引用

続いて紹介するスリープドクターズピローが六角脳枕に続く人気の枕となっています

人気の秘密はその大きさと形のようです。2つの枕がくっついた大きいキングサイズの枕は、中のマットが身体の圧が均等に分散されることに優れており、背中をしっかりと支えてくれるので、首や肩に限らず、腰にもストレスを感じにくくなっています。

高さもちょうどいい感じに考えられて作られています。

そして、通気性が良い素材を使用しているため、汗っかきの人でも安心して使用できることができます。消臭機能がついているので、匂いが気になる人も安心です。

公式サイトでは睡眠の専門家もオススメしているのでチェックしてみるといいですね。

>>スリープドクターズピローの詳しい説明はコチラ

王様の夢枕

王様の夢枕

http://www.king-makura.comから引用

次に紹介するのが王様の夢枕です。他の枕にはない柔らかさが人気です。

綿とビーズがミックスされた素材でできており、言葉では言い表せない差あり心地になっています。

寝返りをし易いように、中央部分がくぼんでいます。

中のビーズが熱がこもりやすい素材のため、通気性においては良いとはいえません。

そのため、汗っかきの人にはちょっとおすすめしにくいかもしれません。

>>王様の夢枕の公式通販サイト【キング枕.com】

スポンサーリンク