安眠方法としてストレッチは効果あるの?飲み物や音楽も有効

安眠するための方法として、よく安眠枕を使用したり、アイマスクをして目の疲労をとったり、アロマオイルを使用してリラックスするなど、様々な方法がありますよね。

今回は、ストレッチをすることで安眠できる方法を紹介していきたいと思います。

また、安眠方法として飲み物を飲んだり、音楽を聞いたりすることも有効と言われているので、そちらについても触れていきたいと思います。

安眠方法としてストレッチの効果

就寝する前に10分間のストレッチをやると寝つきの時間が格段に早まるということが分かりました。 ストレッチも血の流れを改善して体温を適度に引き上げたり、肉体の緊張状態を少なくしたり、深い眠りに入りやすい状態をつくり出します。

広範囲の部位のストレッチ方法がありますけれど、布団の上で行えるものが良いと思われます。

はずみや反動をつけることなくカラダを伸ばすということを、呼吸をしつつやってみると良いです。

慢性化している運動不足は緊張感をふくらませ、不眠の要因になります。

ほどよいエクササイズでストレスを解消し、メンタルのヒーリングを心がけていたいものです。

眠りに就く前ならば、布団の上で簡単に出来るストレッチがおすすめです。

睡眠をとる前の筋伸長運動は、筋肉のこりをほぐすだけに限らず副交感神経にまで働き掛けて、睡眠の準備を整えてくれるでしょう。

 

ブリージングストレッチ

始めのうちは力を入れ過ぎないで、「痛気持ちいい」程度の力強さで行ってみましょう。

反動をつけることなく、伸びづらい箇所を中心としてじわーっと伸ばしていくというのが効き目アップのワザだ。

ちなみにブリージングストレッチとは、ブリージングストレッチ本院の古久澤靖夫院長により

考案されたストレッチで、従来のストレッチ体操やヨガとは異なり、「からだ」「食」「心」の3つの同時ストレッチをするという新しいストレッチ方法です。

 

ポールストレッチ

その次には、眠りに就く前に横になった体勢で行う「ポールストレッチ」にトライしてみましょう。

「背伸び」と比較してリラックス効果を改善させられます。

はじめにポールを作ってみましょう。

バスタオルを三つ折りにして、筒のような状態になるように手前の方からぐるぐると丸めていきます。

可能な限り強く巻いた方がいいです。

背骨に沿う感じでタオルを置いて、その上に仰向けに寝ます。

タオルの端はうなじの部分に来るようにします。

両腕は力を抜いて伸ばした状態で、カラダに沿わせておく。

ちょっとずつ息を吸いつつ肘を伸ばした状態で両腕を空中に引き上げ、半円を書いてバンザイをやるような感じで頭の上の方まで持っていきます。

腕、肩、背中の筋肉が伸びているということに意識を向けましょう。

手のひらは天井を向く状態にする。

少しずつ息を吐き、両腕から指先まで遠くに先端を伸長させるように意識を集中させながら、両腕を床の上でスライドさせ、大きく円を書くような感じではじめの配置に戻す。

腕を動かす場合にはいつでも肘を伸ばしたままだ。

こちらを2~3回リピートする。

スポンサーリンク

安眠方法に飲み物

安眠効果を高める飲み物を紹介します。

飲むだけなので、睡眠導入方法として、効果的です。

特に効果があると言われているのが、ホットミルクとホットココアですね。

ホットミルクにはトリプトファンがおおく含まれており、不眠の解消やストレスの軽減にも効果があると言われています。

そしてそこにココアを加えることによって、より効果的になるので、手軽にできるホットココアが特におすすめです。

ココアに含まれている「テオブロミン」には、末梢部の血のめぐりを良いものにしてからだを温める効果や、緊張状態を緩めリラックスした状態にしてくれる働きがあります。

ココアを飲むと体があたたまるので、寝る30分くらい前に飲むと効果的です。

その他にも、カモミールやバレリアンといったハーブティにも精神を落ち着かせ、ストレスを解消する効果があります。

生姜湯には、身体を温める効果があるので、冷え性の方に良いでしょう。

夏の温かいときに、ホットミルクやホットココアなどの温かい飲み物をあまり飲みたくないという方にはトマトジュースも効果的と言われています。

 

逆に飲まないほうが良いと言われているのが、コーヒー、紅茶、緑茶などのカフェインの含まれているものやアルコール飲料ですね。

飲み物を効果的に摂取して、安眠できるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

安眠方法に音楽を聞くこと

安眠するためにヒーリングミュージックを聞く方法がありますね。

ヒーリングミュージックを聴くことによってリラックスした状態を作り出し、脳からα波という脳波が発せられる事によって寝付きが促進され、心地いい眠りに就くことができるような仕組みになっています。

ヒーリングミュージックとしては、モーツァルトなどのクラシックや、自然の音などが有名ですが、肝心なのは、聞いている本人がリラックスできるかどうかというところです。

リラックスできることが良い睡眠につながるので、ジャンルを問わず、リラックスしてゆったりとした気分になれる音楽を聞くのが良いでしょう。

眠りについた後の音楽は雑音になってしまうので、タイマーをセットして置くことをオススメします。

 

スポンサーリンク

安眠方法のストレッチと飲み物と音楽とまとめ

安眠するための方法として、ストレッチと飲み物と音楽について紹介させていただきました。

ストレッチは間違ったやり方をすると身体を痛めてしまうこともあるので気をつけましょう。

飲み物も、好みがあるので自分の好きなものを選んで飲んでください。

音楽もリラックスできるものを選曲しなければ意味が無いので注意してください。

自分にあった安眠方法を探して、安眠できるようになりましょう。

スポンサーリンク