安眠グッズで女性に人気のアロマとその効果をランキング形式で紹介

安眠グッズの中でも女性に人気があるのがアロマですね。

人間の体を形成している交感神経と副交感神経の2つの自律神経のうち、副交感神経を優位な状況にすることによって、より良い睡眠をとることができるようになります。

アロマの香りは、脳や身体にリラックス効果をもたらし副交感神経に作用してくるので安眠効果を高めることができるのです。

今回は、アロマの中でも特に人気のあるものと、効果的な使用方法についてご紹介していきます。

プレゼントにも最適 女性に人気のアロマ

1位 ラベンダー

アロマテラピーを象徴するアロマオイルと断言しても大げさではないラベンダー。

フローラルで落ち着いた匂いは不安感や緊張感を治して、メンタルを徐々に穏やかにしてくれるでしょう。

安心に使用できて、気分転換、肌の悩み、清掃などなど多種多様に利用できるので、自宅に常備しておくべきアロマオイルの一つです。

 

2位 ネロリ

甘みと柑橘系のすがすがしさのどちらも兼ね備えたエレガントでフローラルなフレグランスは女性のみなさんに凄い人気です。

ビターオレンジの花の中からごく少量しか確保できないということから、ローズやジャスミンと共に価値のあるアロマオイルです。

リラックス効果が非常に高く、とりわけメンタル的な疲弊やひどく落胆した時、悲しみをいやし、心に平穏をもたらしてくれることでしょう。

皮膚の代謝サイクルを助長する効能もあるので、肌のお手入れにも人気があって、シワやたるみの予防や妊娠線のお手入れなんていったものによく活用されます。

 

3位 ベルガモット

柑橘系の新鮮な感じで軽くビターなフレグランスはたくさんの人から好かれています。

憂鬱な気分でいる場合や、精神面での緊張感でなかなか眠りに入れない時にちょうどいいと思います。

*肌に使用した部分に直射日光を浴びてしまうと、シミの原因となっってしまうことがあるので注意が必要です。塗ったあとは5,6時間は紫外線を避けるようにしてょうが良いでしょう。

 

4位 オレンジ・スイート

新鮮なスウィート系の柑橘のフレグランスで、気持ちを明るく勇気づけてくれるでしょう。

ストレス解消にもヒーリングにも利用できます。

どの人にも好感を持たれる香しさですから、リビングなど人がたくさん集合するところにもバッチリです。

 

5位 ローズオットー

「香りの女王」と呼称されるバラの深くてエレガントなフレグランスは、メンタルの衰弱や悲しみをいやし、後ろ向きな感情をリラックスさせてくれることでしょう。

皮膚やメンタル系の乱れに優れた有用性が発生し、充足感をもたらしてくれる女性のみなさんの頼もしいサポーターです。

*妊娠初期は使用を避けてください。

 

6位 フランキンセンス

エイジングケアで雑誌でも取り上げられているフランキンセンス。

乳香(にゅうこう)、オリバナムという風にも称されます。

甘めのウッディで不思議なフレグランス。

昔から「若返りのハーブ」と言われていて、皮膚細胞の修復を円滑にし、シワやたるみなどをなくすために利用されています。

クレオパトラも美しい肌を保持するのめにフランキンセンスの香油を活用していたと言われています。

ネロリやローズとのブレンドして使用することで、より高いシナジー効果を得ることが出来ます。

*妊娠初期は利用をお控え下さい。

 

7位 ゼラニウム

バラに似たあまみと、やんわりとミントっぽいさわやかさを感じさせるフレグランス。

女性ホルモンのバランスを良くする等々、精神と肉体に生じる幾つものバランスの不調を落ち着かせる効果を及ぼします。

スキンケアにも効果的で、乾燥がちな肌にもオイリー肌に対しても効き目があります。

*妊娠初期は利用をお控えください。

 

8位 サンダルウッド(インド産)

甘くエキゾチックな木のフレグランスに象徴されるサンダルウッド。

気分をリラックスさせたい際に活用したいアロマオイルの一つです。

気持ちをちょっとずつ鎮めてくれますから、ヨガや瞑想するときにもピッタリです。

インド産のサンダルウッドは絶滅が心配され、この頃ではオーストラリア産に人気が集まっています。

*妊娠初期は使用をお控えください。

 

9位 ジャスミン

甘口で魅力的なフレグランスは「香りの王様」という風にも呼ばれており、クレオパトラが愛したということも知られています。

女性のアピールポイントを表に出してくれるであろう香しさで、気分を高めたいシーンや、自信をつけたい時に身に付けたいアロマだと言えます。

出産した後のマタニティーブルーにでも効果が期待できると言われています。

*妊娠中は使用をお控えください。
*集中力を抑止するかもしれないので、仕事している間や車の運転前にはやめた方が良いです。

 

10位 イランイラン

「花の中の花」といった意味があるイランイランのオリエンタルで凝縮された花のフレグランスは、シャネルなど人気の香水の原材料としても利用されています。

心と身体を落ち着かせ、幸福感を引き起こしてくれますから、ストレスでこの頃イライラを募らせている…というときにおすすめのフレグランスだということです。

ホルモンバランスを調整する効果も期待できます。

香りがキツイと思うならオレンジやベルガモットなどといった柑橘系と交ぜ合わせるのが理想的だと思います。

*香りが強いので、少しずつ使ってみてください。
*集中力を抑止するかもしれないので、仕事している間や車の運転前にはやめた方が良いです。

スポンサーリンク